Posted on 5月 1st, 2015 at 6:46 PM by hoadmin

今年は5月10日にある母の日のギフトは、プリザーブドフラワーで決めましょう。
Preserved(訳:保存する)flowerという名前がついたこの花は生花から作られており、長期間保存することや観賞することを目的とした花です。
ドライフラワーや造花とは違って、「生花そのものの瑞々しさ」を「長期間」楽しむことが出来ます。


<プリザーブドフラワーは色を自由に着けられる>

ギフトを贈る相手の好きな色に合わせて、プリザーブドフラワーを贈ることが出来ます。
いろいろなホームページのサンプルにもあるように、自然にはないような色をつける、あるいは面白い色の着け方をすることが出来ます。
なにより、相手の好きな色を知っていればその色の花をギフトにすることが出来るので、贈り物としてはこれ以上ないものになるのではないでしょうか。


<値段もお手ごろ価格>

プリザーブドフラワーは、最低3千円ほどのお値段から購入することが出来ます。
初めは、少し高い買い物と思うかもしれません。
しかし、最低でも数ヶ月は美しく咲き続けること、保存状態がよければさらに1~3年はもつこと、手入れが要らないこと、好きな色を着けられること、などを考えれば、コストパフォーマンスは悪くない買い物だと思います。

Posted on 5月 30th, 2014 at 12:51 PM by hoadmin

仲の良い友人にお祝い事がありました。そこで、何か贈りたい!でも、これが結構、難しいです。
それならいっそ、ストレートに花を贈ることにしました。
でも、生花は、すぐにでも花瓶にいけてあげないと、と、気を使わせて嫌ですね。

また、毎日の水やりを友人にやらせるのも悪いかな、と思っていたら、いいものがありました!
プリザーブドフラワーです!
長く保って、記念に思ってもらえるし、何より毎日の水やりがいりません。
これはいいと、早速、プリザーブドフラワーで人気ある店を検索すると・・・、これが高い!びっくりした私です。


<何故、こんなに高いの?>

まず、人気ある店は専門店や、百貨店への出店が多いです。それだけでも、高いだろうことは推測できます。ただ、それには理由があります。プリザーブドフラワー自体が、とても、手間のかかるものなのです。
材料となる生花そのものも高いうえに、アレンジにかかせない着色剤も結構かかります。また、斬新なデザインのための入れ物や、器なども安っぽいものは使えません。
自然、小さな個人店では豊富な品揃えは難しいので、人気ある店にはなかなか、なれませんよね。


<確かに高い!でも・・・>

でも、考えてみると、生花をいつも買って飾るのなら、少なくとも、1週間に300円から500円使います。
それを2年間続けると、最大36000円ほどになります。同じ値段でプリザーブドフラワーを高いなと思って買っても、ちゃんと、2年間は美しいまま保ちます。適正価格ということですね。

Posted on 4月 14th, 2014 at 10:45 AM by hoadmin

人気になっているプリザーブドフラワーは、手作り出来るのでまた違った楽しみ方が出来ます。
お花屋さんや通販サイトで購入することも可能ですが、自分の求めている物とは少し違う・・・なんて言う時ありませんか?
そんな時は自分で作ってみるのがいいと思うんです、好きなものを作ることが出来るので、嬉しいし楽しいはず。
最初から作るのが苦手、出来そうにないという人は、花材と入れ物を購入してアレンジして作ることも出来ますのでご安心を。


<プリザーブドフラワーをギフトに>

プリザーブドフラワーは手作りできると言いましたが、それを活かして友達などにギフトで贈ってみませんか?
相手の好きなお花とか色を前もって聞いておいて、それをもとにして作ってみるのもいいと思うんです。
お手入れするのも楽だし、面倒なこともないのできっと喜んでもらえるはずですよ!
自分で作ってみたと話せば、喜びもさらに大きくなるでしょう。


<入れ物にもこだわりを>

プリザーブドフラワーを作るときは、飾ってあげる入れ物にもこだわりを持つようにしましょう。
その入れ物によってプリザーブドフラワーの印象が変わってくるので、相手にギフトとして贈ることを考えながら選ぶと◎。
作るときに、相手のことを一番に考えながら作ると素敵な仕上がりになりますよ。

Posted on 11月 5th, 2015 at 4:15 PM by hoadmin

お花をプレゼントしている方も多いですが、どのようなお花を贈っているのかバラバラですよね。
生花をギフトにしている方も居ますし、プリザーブドフラワーをプレゼントにしている方も居ます。近年では、バルーンプレゼントも人気が高いので、この二つを一緒にしてしまったらさらに素敵なプレゼントを作ることが出来るはずです。バルーンプレゼントは、バルーンの中にマスコットや生花を入れて贈るものとなっています。その中身をプリザーブドフラワーに変えてしまえば、いつまでも大切に飾って楽しむことが出来て良いのではないでしょうか。生花の場合、すぐに枯れてしまう事もありますが、プリザーブドフラワーは違います。バルーンが小さくなってもお花は美しいままなので、おすすめです。


<プリザーブドフラワーはいつまでも美しいからこそ>

生花とは違い美しい状態を長く保つことが出来るので、選んでいる方も多いです。
「バルーンプレゼントとしてその中にプリザーブドフラワーを入れて贈っても、ダメになってしまうのでは?」なんて考えている方も居るはず。しかし、たとえバルーンがしぼんでしまっても中に入れてあるプリザーブドフラワーは美しいままですので、バルーンが割れてしまっても問題ありません。バルーンがダメになってしまってもお花を別の入れ物へ移し替えるだけで良いですから、移し替えも簡単。長く保つことが出来るので、母の日のギフトとしても最適です。最近では男性に贈れるように工夫もされているので、父の日や男性の誕生日などにも用いられることが多くなっています。男性の場合は、紺や白をメインとしたものが多くなっていますから、目上の男性へのギフトとしても活躍してくれます。


<オーダーメイドしてみる>

店頭やネット通販で目ぼしいものを見つけられたら良いのですが、なかなか見つけられないこともあります。
いくら探してもピンとくるものが無かった場合は、オーダーメイドにしてしまうのもアリです。現在は、プリザーブドフラワーのオーダーメイドもありますし、バルーンプレゼントのオーダーも可能になっているお店が増えてきています。詳しい内容は公式サイトに掲載されていますから、そちらをご覧になってから問い合わせやフォームを送信して注文するようにして下さい。オーダーできると言ってもすでにパターンやサンプルが用意されていて、その中から選択する形式になっていることもあります。どのようにオーダーすることが出来るのか、その点についてもしっかり確認するようにして下さいね。

Posted on 10月 28th, 2014 at 6:43 PM by hoadmin

お花を贈る機会は様々です。結婚式や誕生日、母の日にもプレゼントしますよね。
色が華やかで香りを楽しめるお花を贈れば喜んでもらえるでしょう。
しかし、そこをプリザーブドフラワーで代用する、という手もあるんですよ。


プリザーブドフラワーだけのメリット

なんといっても枯れないということです。永遠に状態を保つことはできませんが、生花よりずっと長い期間その美しい姿を楽しむことができます。
生花と比べても見分けがつかないほど瑞々しく、色合いもきれいです。染色は人工の液を用いるため本物には及びませんが、それゆえに自然にはあり得ない色を染めることもできるという利点もあります。
花粉がとばないので花粉症の人にもうれしいですね。ギフトとして贈る相手を選ばないというのは大きなメリットです。


その分値段は割増し

プリザーブドフラワーはその制作工程の複雑もあり、生花より値段が割増しになってしまうというデメリットもあります。
しかしその分保存を上手にすれば長く楽しめるというポイントもありますから、二年分先に払うと思えば決して高い買い物ではありません。
プレゼントするという場合も贈る相手に保存のコツなどをあらかじめ伝えておくことは大切です。ちなみに高温多湿の場所は避けなければなりません。

Posted on 8月 28th, 2014 at 7:46 PM by hoadmin

葬儀はたくさんのお花が使われる式のひとつです。
主に祭壇に使われています。
生花にするか造花にするか選択することができますが、造花の場合は見た目の違いなどが歴然としていたため、「出来れば生花で」といった希望が多かったのも事実です。
しかしコストの関係や、葬儀の日時によっては生花が揃えられない時もあります。
年末年始などは揃えにくい日時ですし、天皇崩御などと重なると、全国的に生花が不足します。
転向も影響するでしょう。


<プリザーブドフラワーを葬儀に活用するメリット>

見た目が生花に比べて遜色ない上に劣化が少なく、再利用も可能ということから、プリザーブドフラワーが葬儀でも活用されるようになりました。
これによって生花が使いたくても費用面などで折り合いがつかなかったという人でも、生花と同じ効果を得ることができます。
また虫やアレルギーの問題を心配して躊躇していた人も、プリザーブドフラワーなら利用することができます。
季節によっては用意できなかった花の種類や色もありましたが、プリザーブドフラワーであれば、年間を通じて理想に近い祭壇を選択することができます。
エコの観点からも、再利用可能な祭壇を勧める葬儀会社が増えています

Posted on 6月 27th, 2014 at 10:37 AM by hoadmin

お花といえばやっぱり女性をイメージしがちですが、もちろん男性にも贈れるようになっています。
どんなお花を渡したらいいのか迷っている人は、男性向けと入れて検索してみるのが良いかもしれません。
生花はきれいですが手入れが少々大変なので、プリザーブドフラワーがオススメだから、そちらで探してみて下さい。
こちらはお水を与えなくてもいいですし、直射日光も避けなければいけないので、室内で湿気の無い場所に飾れば大丈夫。


<プリザーブドフラワーはシンプルなものを>

可愛らしいものあればシンプルで上品なものもありますから、相手に相応しいものを贈ってあげるのが良いですよ。
やっぱり、紺色とか青とか落ち着いた感じの色を選んで大きいものよりも少し小さめのものを選んであげるのがベスト。
皆さん、置き場所に困ることが多いみたいなので、なるべく小さめのものを選ぶようにしてみてはどうでしょうか?
小さくてもプリザーブドフラワーは存在感がありますから、大きなものにこだわらなくてもいいと思いますよ。


<どんな時に贈る?>

お花を贈るのは、どんな時でもいいと思いますから色々検索をしてみて下さいね。
誕生日や記念日、母の日や父の日、還暦祝いや敬老の日、他にもプリザーブドフラワーは活躍してくれます。
花粉も香りも無いから、アレルギーを持っている人でも安心して飾って楽しめるようになっています。
ギフトで選ぶ人も近年では多くなっているみたい。

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:36 PM by hoadmin

プリザーブドフラワーは自分で作ることも出来るのですが、その際ネットで確認をしながら作っていかなければいけませんよね?
作業をしながら画面を見て確認しながら進めていくのって、結構面倒だったりしませんか。
自分のペースで進めることが出来るのは嬉しいけれど、少し大変ですよね。
現在、プリザーブドフラワーを学べる教室と言うものがあるそうですよ。
教室って聞くとなんだか塾のようなイメージですが、丁寧に初めから教えてくれるのでおすすめ。


プリザーブドフラワーを作って贈ろう

教室に通うと直接質問したり習う事が出来るので、効率がすごく良くなります。
手を動かしながら分からないことが聞けるから、すごく進めやすくて良いと思いますよ。
自分だけのお花を作って、大切な人へギフトしてみるのも素敵なのでぜひ!
贈りたい相手に前もって、好きなお花とか色を聞いておいて作るのもいいでしょう。
お店には置いていない、世界にたった一つのプリザーブドフラワーを作ってみませんか?
例え不器用でも、少し失敗してしまっても大事なのは気持ちですから前向きにいきましょう!


作品展に足を運ぼう

自分でプリザーブドフラワーを作るときって、やっぱりアイデアとか発想力が必要ですよね。
でも、自分で考えるのが大変なので作品展に足を運んでみるのはどうでしょう?
他の人達の作品が展示されているので、何か良い刺激をもらえるかもしれません。
自分だったらこうではなくてこうするのにな、という考えも大事だと思います。
色のバランスとか全体のバランス、入れ物などにも目を向けてみて。
どのような雰囲気が伝わってくるのか、というのも大事なポイントですから足を運んだ際には色々収穫をして、自分の作品に活かしてくださいね!

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:34 PM by hoadmin

最近、需要が増えてきているプリザーブドフラワーですが、家には置き場所がないから飾りたくても飾ることが出来ない・・・と思って諦めてしまっている人いませんか?
実は、置き型だけではなくてリース型のものもありますので、壁にかけることが出来るんです。
これなら置き場所が無くても、壁にかけたりドアにかけることも出来るので使い勝手が良いと思いますよ。
掛けるタイプもなんだか可愛くて魅力的ですよね。
お部屋の雰囲気を変えたい人は、ぜひ飾って試してみて下さいね。


プリザーブドフラワーのキャンドル

プリザーブドフラワーには、置き型やリース型以外にも種類があります。
それは、キャンドルなんです。
これは小さなものが多いので、ちょっとしたスペースに置くことが出来ます。
何よりも火を灯して飾ると、素敵な時間を過ごすことも出来ますから、すごくいいですよ。
アロマキャンドルを自分で作って、お風呂上りに使えばリラックス効果を得ることだって可能なんです。
自分に合わせてプリザーブドフラワーのキャンドルを選んでみましょう。
また、友人などにギフトで贈ってみるのもおすすめです。


変わった色のお花もある

プリザーブドフラワーは、生花にはない変わった色のお花も取り扱っているので、変わった色のお花を購入することが出来ます。
青いバラなんていうのもありますから、ぜひ一度ネット検索をして確認してみて。
友達を招いたりした時に変わった色のお花があったら、きっと相手の目に留まるはずです。
香りもありませんし花粉などの心配もないから、どなたでも楽しむことが出来るようになっています。
小さなお子さんがいるご家庭でも安心して飾れますよ。

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:33 PM by hoadmin

プリザーブドフラワーは、お花屋さんや通販サイトで購入することが出来ます。
実際に覗いてみて、自分が欲しいと思ったものがなかなか見つからない・・・と思い購入するのを見送ってきた人もいるのでは?
実は、このプリザーブドフラワーは自分で作ることが出来るんです。
その際、準備をしなければならないものがあるので、ネットで確認して見るのがいいですよ。
自分の好きなお花を用意して、材料をそろえたら作ることが出来ます。


プリザーブドフラワーを最初から作るのは難しい?

手先が不器用な人達などは、最初から作るのなんて難しくて出来ない、と思うかもしれません。
でも、だからと言って諦めるのはまだ早いんです。
最近は、花材だけを取り扱っているお店もありますから、花材をそろえて自分でアレンジをして入れ物などに飾ればいいようになっているんです。
これなら、最初から作ることが無理な人でもアレンジして自分で作ることが可能です。
変わった色をしているお花もありますから、アクセントとして購入してみるのもいいでしょう。
自分で作ったお花を、誰かにギフトとして贈ってみるのも素敵ですよね。


入れ物だって重要

プリザーブドフラワーの花材を入れる入れ物だって重要なんですよ!
その入れ物によって、お花の雰囲気が変わってくるので入れ物を選ぶ時はこだわってみましょう。
可愛い雰囲気を出したいのなら、ケーキの形やハートの形をした入れ物を選ぶ。
上品にしたい時は、白を基調としたシンプルな入れ物を選ぶとか、入れ物選びも重要です。
せっかく自分で作るのですから、色々こだわりをもって作ってみませんか?
世界にたった一つ、自分だけのプリザーブドフラワーを作ってみて!

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:32 PM by hoadmin

最近では、プリザーブドフラワーというお花があるのですが、実際に購入されたことのある人っていますか?
特殊な保存加工が施されているので、扱いやすくて初めて飾る人などにもおすすめ。
永年保つことが出来るお花なので、お花が好きな人には本当に嬉しいですよね。
せっかくですから、大切な人へギフトとして贈ってみませんか?
小さいものもありますから、場所をとることもないので安心して贈ることが出来ますよ。


花粉症でもプリザーブドフラワーは大丈夫?

中には花粉症だからお花はちょっと・・・なんて言う人もいるかもしれません。
ですが、このプリザーブドフラワーには花粉が無いので、アレルギーを持っている人でも安心して楽しむことが出来るんです。
お花が好きなのに花粉症だから・・・なんて諦めていた人には正にうってつけ!
香りもないので美しい色のお花を楽しめますよ。
ですから、贈るときも大きな心配はありません。


どんな時に活躍している?

プリザーブドフラワーは、色々なところで活躍をしてくれます。
誕生日祝いや敬老の日、母の日や父の日、また結婚式のブーケとしても使われているそうですよ。
永年保てるお花ですから、その分活躍できる場所が増えているのかもしれないですね。
今ではお花屋さんや通販サイトでも購入できるようになっていますので、気になっている人は一度どのようなものなのか覗いてみて。

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:30 PM by hoadmin

皆さんは、プリザーブドフラワーというものを知っていますでしょうか?
これはドライフラワーとは違うものなんです。
このお花は、最新の保存加工技術をによって色合いや形、柔らかさを永年保つことのできるタイプのお花なんです。
軽くて扱いやすいのが特徴だと言われています。
最近では、ギフトとしても活躍してくれていますよ。


プリザーブドフラワーの保管の仕方について

プリザーブドフラワーの保管の仕方についてですが、比較的に簡単なので初めての人でも安心して飾ることが出来ます。
お水を与えなくて良いので、手間が無いのも特徴の一つ。
なぜお水を与えなくて良いのかと言いますと、お水を与えてしまうとお花の脱色に繋がってしまうからなんです。
だから、水周りとか湿気の多いところに置くのはやめましょう。


直射日光に弱い

プリザーブドフラワーは、お水だけではなくて直射日光にも弱いんです。
お花だから陽の光は大事なんじゃないか、と思う人もいるでしょうが、プリザーブドフラワーは生花ではないので扱い方が少し違ってきます。
日陰で水気の無い場所に飾ってあげるのが一番良いです。
また、ほこりなどが付かないように何かケースに入れておくのもいいですね。
その方がさらに長く保つことが出来るらしいので、ぜひケースで保管を。