Posted on 11月 5th, 2015 at 4:15 PM by hoadmin

お花をプレゼントしている方も多いですが、どのようなお花を贈っているのかバラバラですよね。
生花をギフトにしている方も居ますし、プリザーブドフラワーをプレゼントにしている方も居ます。近年では、バルーンプレゼントも人気が高いので、この二つを一緒にしてしまったらさらに素敵なプレゼントを作ることが出来るはずです。バルーンプレゼントは、バルーンの中にマスコットや生花を入れて贈るものとなっています。その中身をプリザーブドフラワーに変えてしまえば、いつまでも大切に飾って楽しむことが出来て良いのではないでしょうか。生花の場合、すぐに枯れてしまう事もありますが、プリザーブドフラワーは違います。バルーンが小さくなってもお花は美しいままなので、おすすめです。


<プリザーブドフラワーはいつまでも美しいからこそ>

生花とは違い美しい状態を長く保つことが出来るので、選んでいる方も多いです。
「バルーンプレゼントとしてその中にプリザーブドフラワーを入れて贈っても、ダメになってしまうのでは?」なんて考えている方も居るはず。しかし、たとえバルーンがしぼんでしまっても中に入れてあるプリザーブドフラワーは美しいままですので、バルーンが割れてしまっても問題ありません。バルーンがダメになってしまってもお花を別の入れ物へ移し替えるだけで良いですから、移し替えも簡単。長く保つことが出来るので、母の日のギフトとしても最適です。最近では男性に贈れるように工夫もされているので、父の日や男性の誕生日などにも用いられることが多くなっています。男性の場合は、紺や白をメインとしたものが多くなっていますから、目上の男性へのギフトとしても活躍してくれます。


<オーダーメイドしてみる>

店頭やネット通販で目ぼしいものを見つけられたら良いのですが、なかなか見つけられないこともあります。
いくら探してもピンとくるものが無かった場合は、オーダーメイドにしてしまうのもアリです。現在は、プリザーブドフラワーのオーダーメイドもありますし、バルーンプレゼントのオーダーも可能になっているお店が増えてきています。詳しい内容は公式サイトに掲載されていますから、そちらをご覧になってから問い合わせやフォームを送信して注文するようにして下さい。オーダーできると言ってもすでにパターンやサンプルが用意されていて、その中から選択する形式になっていることもあります。どのようにオーダーすることが出来るのか、その点についてもしっかり確認するようにして下さいね。

Comments are closed.