Posted on 4月 14th, 2014 at 10:45 AM by hoadmin

人気になっているプリザーブドフラワーは、手作り出来るのでまた違った楽しみ方が出来ます。
お花屋さんや通販サイトで購入することも可能ですが、自分の求めている物とは少し違う・・・なんて言う時ありませんか?
そんな時は自分で作ってみるのがいいと思うんです、好きなものを作ることが出来るので、嬉しいし楽しいはず。
最初から作るのが苦手、出来そうにないという人は、花材と入れ物を購入してアレンジして作ることも出来ますのでご安心を。


<プリザーブドフラワーをギフトに>

プリザーブドフラワーは手作りできると言いましたが、それを活かして友達などにギフトで贈ってみませんか?
相手の好きなお花とか色を前もって聞いておいて、それをもとにして作ってみるのもいいと思うんです。
お手入れするのも楽だし、面倒なこともないのできっと喜んでもらえるはずですよ!
自分で作ってみたと話せば、喜びもさらに大きくなるでしょう。


<入れ物にもこだわりを>

プリザーブドフラワーを作るときは、飾ってあげる入れ物にもこだわりを持つようにしましょう。
その入れ物によってプリザーブドフラワーの印象が変わってくるので、相手にギフトとして贈ることを考えながら選ぶと◎。
作るときに、相手のことを一番に考えながら作ると素敵な仕上がりになりますよ。

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:36 PM by hoadmin

プリザーブドフラワーは自分で作ることも出来るのですが、その際ネットで確認をしながら作っていかなければいけませんよね?
作業をしながら画面を見て確認しながら進めていくのって、結構面倒だったりしませんか。
自分のペースで進めることが出来るのは嬉しいけれど、少し大変ですよね。
現在、プリザーブドフラワーを学べる教室と言うものがあるそうですよ。
教室って聞くとなんだか塾のようなイメージですが、丁寧に初めから教えてくれるのでおすすめ。


プリザーブドフラワーを作って贈ろう

教室に通うと直接質問したり習う事が出来るので、効率がすごく良くなります。
手を動かしながら分からないことが聞けるから、すごく進めやすくて良いと思いますよ。
自分だけのお花を作って、大切な人へギフトしてみるのも素敵なのでぜひ!
贈りたい相手に前もって、好きなお花とか色を聞いておいて作るのもいいでしょう。
お店には置いていない、世界にたった一つのプリザーブドフラワーを作ってみませんか?
例え不器用でも、少し失敗してしまっても大事なのは気持ちですから前向きにいきましょう!


作品展に足を運ぼう

自分でプリザーブドフラワーを作るときって、やっぱりアイデアとか発想力が必要ですよね。
でも、自分で考えるのが大変なので作品展に足を運んでみるのはどうでしょう?
他の人達の作品が展示されているので、何か良い刺激をもらえるかもしれません。
自分だったらこうではなくてこうするのにな、という考えも大事だと思います。
色のバランスとか全体のバランス、入れ物などにも目を向けてみて。
どのような雰囲気が伝わってくるのか、というのも大事なポイントですから足を運んだ際には色々収穫をして、自分の作品に活かしてくださいね!

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:34 PM by hoadmin

最近、需要が増えてきているプリザーブドフラワーですが、家には置き場所がないから飾りたくても飾ることが出来ない・・・と思って諦めてしまっている人いませんか?
実は、置き型だけではなくてリース型のものもありますので、壁にかけることが出来るんです。
これなら置き場所が無くても、壁にかけたりドアにかけることも出来るので使い勝手が良いと思いますよ。
掛けるタイプもなんだか可愛くて魅力的ですよね。
お部屋の雰囲気を変えたい人は、ぜひ飾って試してみて下さいね。


プリザーブドフラワーのキャンドル

プリザーブドフラワーには、置き型やリース型以外にも種類があります。
それは、キャンドルなんです。
これは小さなものが多いので、ちょっとしたスペースに置くことが出来ます。
何よりも火を灯して飾ると、素敵な時間を過ごすことも出来ますから、すごくいいですよ。
アロマキャンドルを自分で作って、お風呂上りに使えばリラックス効果を得ることだって可能なんです。
自分に合わせてプリザーブドフラワーのキャンドルを選んでみましょう。
また、友人などにギフトで贈ってみるのもおすすめです。


変わった色のお花もある

プリザーブドフラワーは、生花にはない変わった色のお花も取り扱っているので、変わった色のお花を購入することが出来ます。
青いバラなんていうのもありますから、ぜひ一度ネット検索をして確認してみて。
友達を招いたりした時に変わった色のお花があったら、きっと相手の目に留まるはずです。
香りもありませんし花粉などの心配もないから、どなたでも楽しむことが出来るようになっています。
小さなお子さんがいるご家庭でも安心して飾れますよ。

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:33 PM by hoadmin

プリザーブドフラワーは、お花屋さんや通販サイトで購入することが出来ます。
実際に覗いてみて、自分が欲しいと思ったものがなかなか見つからない・・・と思い購入するのを見送ってきた人もいるのでは?
実は、このプリザーブドフラワーは自分で作ることが出来るんです。
その際、準備をしなければならないものがあるので、ネットで確認して見るのがいいですよ。
自分の好きなお花を用意して、材料をそろえたら作ることが出来ます。


プリザーブドフラワーを最初から作るのは難しい?

手先が不器用な人達などは、最初から作るのなんて難しくて出来ない、と思うかもしれません。
でも、だからと言って諦めるのはまだ早いんです。
最近は、花材だけを取り扱っているお店もありますから、花材をそろえて自分でアレンジをして入れ物などに飾ればいいようになっているんです。
これなら、最初から作ることが無理な人でもアレンジして自分で作ることが可能です。
変わった色をしているお花もありますから、アクセントとして購入してみるのもいいでしょう。
自分で作ったお花を、誰かにギフトとして贈ってみるのも素敵ですよね。


入れ物だって重要

プリザーブドフラワーの花材を入れる入れ物だって重要なんですよ!
その入れ物によって、お花の雰囲気が変わってくるので入れ物を選ぶ時はこだわってみましょう。
可愛い雰囲気を出したいのなら、ケーキの形やハートの形をした入れ物を選ぶ。
上品にしたい時は、白を基調としたシンプルな入れ物を選ぶとか、入れ物選びも重要です。
せっかく自分で作るのですから、色々こだわりをもって作ってみませんか?
世界にたった一つ、自分だけのプリザーブドフラワーを作ってみて!

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:32 PM by hoadmin

最近では、プリザーブドフラワーというお花があるのですが、実際に購入されたことのある人っていますか?
特殊な保存加工が施されているので、扱いやすくて初めて飾る人などにもおすすめ。
永年保つことが出来るお花なので、お花が好きな人には本当に嬉しいですよね。
せっかくですから、大切な人へギフトとして贈ってみませんか?
小さいものもありますから、場所をとることもないので安心して贈ることが出来ますよ。


花粉症でもプリザーブドフラワーは大丈夫?

中には花粉症だからお花はちょっと・・・なんて言う人もいるかもしれません。
ですが、このプリザーブドフラワーには花粉が無いので、アレルギーを持っている人でも安心して楽しむことが出来るんです。
お花が好きなのに花粉症だから・・・なんて諦めていた人には正にうってつけ!
香りもないので美しい色のお花を楽しめますよ。
ですから、贈るときも大きな心配はありません。


どんな時に活躍している?

プリザーブドフラワーは、色々なところで活躍をしてくれます。
誕生日祝いや敬老の日、母の日や父の日、また結婚式のブーケとしても使われているそうですよ。
永年保てるお花ですから、その分活躍できる場所が増えているのかもしれないですね。
今ではお花屋さんや通販サイトでも購入できるようになっていますので、気になっている人は一度どのようなものなのか覗いてみて。

Posted on 4月 4th, 2014 at 12:30 PM by hoadmin

皆さんは、プリザーブドフラワーというものを知っていますでしょうか?
これはドライフラワーとは違うものなんです。
このお花は、最新の保存加工技術をによって色合いや形、柔らかさを永年保つことのできるタイプのお花なんです。
軽くて扱いやすいのが特徴だと言われています。
最近では、ギフトとしても活躍してくれていますよ。


プリザーブドフラワーの保管の仕方について

プリザーブドフラワーの保管の仕方についてですが、比較的に簡単なので初めての人でも安心して飾ることが出来ます。
お水を与えなくて良いので、手間が無いのも特徴の一つ。
なぜお水を与えなくて良いのかと言いますと、お水を与えてしまうとお花の脱色に繋がってしまうからなんです。
だから、水周りとか湿気の多いところに置くのはやめましょう。


直射日光に弱い

プリザーブドフラワーは、お水だけではなくて直射日光にも弱いんです。
お花だから陽の光は大事なんじゃないか、と思う人もいるでしょうが、プリザーブドフラワーは生花ではないので扱い方が少し違ってきます。
日陰で水気の無い場所に飾ってあげるのが一番良いです。
また、ほこりなどが付かないように何かケースに入れておくのもいいですね。
その方がさらに長く保つことが出来るらしいので、ぜひケースで保管を。