Posted on 8月 28th, 2014 at 7:46 PM by hoadmin

葬儀はたくさんのお花が使われる式のひとつです。
主に祭壇に使われています。
生花にするか造花にするか選択することができますが、造花の場合は見た目の違いなどが歴然としていたため、「出来れば生花で」といった希望が多かったのも事実です。
しかしコストの関係や、葬儀の日時によっては生花が揃えられない時もあります。
年末年始などは揃えにくい日時ですし、天皇崩御などと重なると、全国的に生花が不足します。
転向も影響するでしょう。


<プリザーブドフラワーを葬儀に活用するメリット>

見た目が生花に比べて遜色ない上に劣化が少なく、再利用も可能ということから、プリザーブドフラワーが葬儀でも活用されるようになりました。
これによって生花が使いたくても費用面などで折り合いがつかなかったという人でも、生花と同じ効果を得ることができます。
また虫やアレルギーの問題を心配して躊躇していた人も、プリザーブドフラワーなら利用することができます。
季節によっては用意できなかった花の種類や色もありましたが、プリザーブドフラワーであれば、年間を通じて理想に近い祭壇を選択することができます。
エコの観点からも、再利用可能な祭壇を勧める葬儀会社が増えています